ウクライナ発 日本人主人公の短編映画「ジャークユ」がオンラインで視聴可能に=情報政策省

ウクライナ発 日本人主人公の短編映画「ジャークユ」がオンラインで視聴可能に=情報政策省

ウクルインフォルム
情報政策省は、2017年の「ウクライナにおける日本年」にて制作された短編映画「ジャークユ」(ウクライナ語でありがとうの意)をオンライン上に正式に公開した。

5日、情報政策省広報室が発表した。

短編映画「ジャークユ」の英語版日本語版ウクライナ語版がそれぞれユーチューブに公開された。

この短編映画は、一人の日本人旅行者がウクライナを旅してまわる中で、ウクライナの面白さ、人の温かさ、個性、景色、豊かな歴史といったものに触れていく物語となっている。映画は、2017年「ウクライナにおける日本年」の一環で情報政策省が発案・発注し、民間の「ベスト・フレンズ・フィルム」社が制作したもの。

「ジャークユ」日本語版

マリーナ・ソボテューク情報政策相国際関係担当補佐官は、「今後は、皆さんが友だちと暖かな雰囲気でこの短編映画を見られます。また、政府関係者や市民団体の人たちは、外国などでウクライナを紹介したいときに、この映画をイベントで使ってもらってかまいません」とオンラインでの公開理由を説明した。

これまでにもこの短編映画は、東京や神戸で上映会が行われた他、様々な国で紹介されており、ラトビアやルーマニア等の映画フェスティバルでは賞を受賞している。最近では2018年10月にクロアチアの「ザグレブ旅行映画フェスティバル」にて、特別賞を受賞していた。

なお、2017年、ウクライナでは、ウクライナ・日本外交関係樹立25周年を祝い、年間を通じて「ウクライナにおける日本年」が開催され、ウクライナ全土で1600本の桜が植えられた他、約1000件の日本関連行事が各地で開催されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-