ウクライナは引き続き「部分的に自由」な国=フリーダム・ハウス2019年報告書

ウクライナは引き続き「部分的に自由」な国=フリーダム・ハウス2019年報告書

ウクルインフォルム
国際NGO団体フリーダム・ハウスは、新しい報告書にて、ウクライナを引き続き「部分的に自由」な国に、ロシアが占領するクリミアを「不自由」な領域に分類した。

世界各国での民主主義、政治的自由、基本的人権の遵守の状況を分析している国際NGO団体「フリーダム・ハウス」の年間報告書が5日に公開された。ラジオ・スヴォボーダ通信が伝えた。

報告書「Freedom in the world 2019」によれば、ウクライナの自由のレベルは全体で若干悪化している。

また、報告書は、ロシアにより占領されているクリミアにて、クリミア・タタール人や、自らのウクライナ・アイデンティティを主張し続ける人々に対する弾圧が生じていることに注意を向けている。

今回の報告にて、「部分的に自由」な国に分類された国は、59か国と5地域であった。

また、分析対象となった207の国と地域のうち、「不自由な」国に分類されたのは、ロシアを含め、50か国と8地域。「自由な」国と地域は、87であった。

2005年から2018年にかけて、「不自由な」国の数は26%増加、同時に、「自由な」国は44%減少しているとのこと。報告書では、民主主義の低下の原因の一つとして、グローバルなレベルでの力のバランスの変化、具体的には、中国のような、非民主的な国の影響力が増していることが指摘されている。

また、世界レベルでの政治的・社会的自由のレベルの低下傾向は、2005年以降、13年連続で確認されていると指摘されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-