活動家たち、ハンジューク活動家の殺害事件を喚起させる集会開催

活動家たち、ハンジューク活動家の殺害事件を喚起させる集会開催

ウクルインフォルム
4日、昨年攻撃を受け死亡した活動家、ヘルソン市長補佐官のカテリーナ・ハンジュークさんの殺害を命じた人物が、現在まで明らかになっていないとして、約100名の市民活動家、ハンジュークさんの元同僚や友人が、大統領府の建物近くで、事件を喚起させる集会を開催した。

集会参加者たちは、ランプを灯したり、花火を焚いたりして、「結局誰がハンジュークさんを殺したのだ?」等と書かれたプラカート等を掲げた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

集会に参加した市民活動家のボフダン・チュマークさんは、「カテリーナ・ハンジュークさんが攻撃を受けてから今日で6か月、亡くなってから3か月が経ちましたが、治安機関は、この殺人を命じた人物の名前を発表できていません」と指摘した。

活動家たちは、最近ハンジュークさんの父親が、この犯罪にアンドリー・ホルジェイェウ・ヘルソン州行政府長官、イェウヘン・リシチューク同副長官、ウラディスラウ・マンヘル・ヘルソン州議会議長(祖国党党員)が関与しているとしてこれら人物を非難したことを喚起した。これに関連し、活動家たちは、ブロック・ペトロ・ポロシェンコ党(BPP党)と祖国党に対し、ハンジュークさんの父親の発言に対応するとともに、指摘された人物を党から除名するように呼びかけた。

大統領府近くでの集会の後、活動家たちは、祖国党の事務所のあるトゥリウシカ通りへ移動。同様の集会を継続すると述べた。

なお、これまでに、犯罪関与の指摘のあったホルジェイェウ・ヘルソン州行政府長官は、ハンジューク活動家殺害への関与を否定し、同時に、治安機関に対して、ハンジュークさんの父親を「そそのかした」人物を見つけるよう要請していた。

ヘルソン市長の補佐官であり、市民活動家であったカテリーナ・ハンジュークさんは、2018年7月31日に複数の人物に硫酸をかけられ、全身火傷、一部視力を失うなどの重傷を負った。その後、ハンジュークさんには、10回以上の手術が行われたが、11月4日病院で亡くなった

ハンジュークさんへの攻撃を行った容疑者5名が拘束された後、さらに、昨年11月12日にはミコラ・パラマルチューク最高会議議員(BPP党会派)の元補佐官であるイーホル・パウロウシキー氏も本件につき逮捕されたことが判明している。

写真:ダニール・シャムキン


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-