被占領下クリミアのサキ市で、占領をなげく匿名の手紙が市内看板に貼られる

被占領下クリミアのサキ市で、占領をなげく匿名の手紙が市内看板に貼られる

ウクルインフォルム
被占領下クリミア南西部にあるサキ市にて、2014年のロシアによるクリミア占領、いわゆる「クリミアの春」をなげく匿名の手紙が市内の看板に貼りだされた。

30日、ツイッター利用者の「ワシリー・クリミア」さんが、新聞用看板に貼り付けられたこの手書きの手紙の写真を公開した。

ワシリーさんは、この写真の情報として、「クリミア、サキ市、市内中心部、2019年1月30日(私が撮った写真ではない。撮影者の情報は明かさない)」と投稿した。

この匿名の手紙には、「想像してごらんなさい、(編集注:EU諸国へビザなく渡航できる)査証免除があり、様々な国際プログラムがあり、高騰した価格もなく、言論の自由と表現の自由があるクリミアを。2014年の春よ、呪われろ!」と書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-