ポーランドとの国境地点にて、スキャンダルを起こしたウクライナ籍男性が拘束

ポーランドとの国境地点にて、スキャンダルを起こしたウクライナ籍男性が拘束

ウクルインフォルム
ウクライナ・ポーランド間国境検問地点にて、ロシア籍女性をウクライナへ入国させるために、国境警備隊員に対して脅しや違法行為を通じて圧力をかけたウクライナ籍男性が拘束された。

9日、国境警備庁が発表した。

発表には、「ウクライナ・ポーランド間国境検問地点『シェヒーニ』にて、プラハ発のバスにて移動する乗客のパスポート確認の際、国境警備隊員が1994年生まれのロシア籍女性の入国を拒否した。同女性は、ウクライナ入国の目的を説明できなかった」と書かれている。

この時、同女性と同行していた32歳の当該ウクライナ籍男性が、自身もポーランド側に戻るとして、徒歩でポーランド側の検問地点まで戻った。しかし、しばらくしてから、この男性と女性は、再びウクライナ側のパスポート・コントロールまで来た。ロシア籍女性の入国は再度拒否された。この際、ウクライナ籍男性は、違法行為となる国境検問地点での動画撮影や、国境警備隊に対する脅しや圧力を行使し始めた。警告に対しても違法行為を継続したため、同男性は、治安機関により拘束された。

ロシア籍女性は、入国を許可されず、ポーランド側へ戻された。

写真:dpsu.gov.ua


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-