クリスマスと旧暦新年に寒波到来:水文気象学センター

クリスマスと旧暦新年に寒波到来:水文気象学センター

22
ウクルインフォルム
水文気象学センターは、1月6~9日、ウクライナの多くの州で、氷点下15~20度まで気温が下がると予想している。

3日、ミコラ・クリビダ同水文気象学センター長が記者団に発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クリビダ・センター長は、クリスマス(1月7日)前後の時期については、「1月6日から9日にかけて、大半の州、とりわけ、北部、中部、東部の地域で、気温が零下10~15度まで下がるでしょう。8、9日、主にウクライナ北東部で、マイナス20度まで下がります」と述べた。

続けて、同センター長は、旧暦正月(1月14日)の時期に関しては、「その後、次の寒波が来るのは、1月12日から14日にかけてになると私たちは予想しています。寒波の規模は、8、9日と同じくらいで、夜間の気温の低下は、氷点下15~20度まで下がるでしょう。北東部に関しては、それ以下になる可能性もあります」と述べた。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-