チェルノブイリの観光客数が過去最高に

チェルノブイリの観光客数が過去最高に

ウクルインフォルム
近年、チョルノービリ(チェルノブイリ)原子力発電所の放射線汚染区域への観光の人気が高まっている。

オスタープ・セメラーク環境・天然資源相の発言をラジオ・スヴォボーダ通信が報じた。

セメラーク大臣は、「環境・天然資源省の情報では、今年汚染区域を訪問したのは、6万3000人強。この数は、2017年は4万9000人強、2016年は3万6000人強であった」と発言し、2014年にはさらに少なく、8000人程度であったと述べた。

なお、本年春、国家特別企業「チョルノービリ原子力発電所」は、希望者に対して同発電所の視察プログラムを開始したことを発表していた。訪問には、同発電所ウェブサイトにて、オンライン申込書を提出する必要がある。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-