国会、ウクライナ正教会モスクワ聖庁の所属のわかる改名を義務づける法案を採択

国会、ウクライナ正教会モスクワ聖庁の所属のわかる改名を義務づける法案を採択

ウクルインフォルム
20日、最高会議(国会)は、ウクライナ正教会モスクワ聖庁の改名を義務づける「『信仰の自由と宗教組織法』改正」法案を採択した。

同法案に賛成したのは、240名(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

投票前、ブリヒネツBPP党議員は、同法案につき、「この法案は、ロシアの教会の管轄下にある教会(編集注:ロシア正教会管轄下にあるウクライナ正教会モスクワ聖庁を指す)は、『ウクライナ』ではなく『ロシア』を名乗らなければいけない、ということに関するものである」と説明し、改名の際に教会は自ら名前を選ぶことができるが、「予想するに、『ウクライナにおけるロシア正教会』、ハルキウ、キーウ(キエフ)、等におけるロシア正教会となるのではないか」と指摘した。

同議員は、法律がこの教会に加える制限は一つだけであるとし、「占領国の管轄下にある教会は、ウクライナ軍部隊や、前線、基地で活動することはできない」と説明した。

なお、これまで報道されたように、12月15日、キーウのソフィア大聖堂では、統一会議が開催され、統一されたウクライナ正教会が創設され、エピファニー首座主教が選出されていた。1月6日に、このエピファニー首座主教が、新しいウクライナ正教会の独立に関する文書(トモス)をイスタンブルのコンスタンティノープル総主教庁から受け取ることになっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-