警察、ショッピングモール「オーシャン・プラザ」での抗議参加者1名を連行

警察、ショッピングモール「オーシャン・プラザ」での抗議参加者1名を連行

ウクルインフォルム
28日、警察は、キーウ(キエフ)市内のショッピングモールで抗議をしていた男性1名を警察署へ連行した。

キーウ市警察の広報担当であるオクサーナ・ブリシチュク氏がウクルインフォルムにコメントした。

ブリシチュク広報担当は、「男性1名を警察署へ連行しました。活動は続いています。しばしば、施設従業員と活動家の間で言い争いが生じています。警察は現場で、法秩序を確保しています」と述べた。

活動に参加している団体「ソキル」は、フェイスブック・アカウントで、同団体の副代表であるイヴァン・コセンコが拘束されたと発表した。

なお、前日に続き、11月28日もショッピングモール「オーシャン・プラザ」では、「ソキル」メンバーをはじめとする活動家により、抗議運動「ロシア・ビジネス反対」が行われている。

27日には、抗議者が発煙筒を焚いたり、ペンキを撒いたり、壁に「買うな!」「ロシアのビジネスはウクライナから出て行け!」等と施設の壁に書いたりしていた。

同施設の運営は、モスクワに登録されている株式会社「ネドヴィジモスチ」が行っており、この会社の所有者はロシアの富豪であるイーゴリ・ロテンベルグ氏である。イーゴリ・ロテンベルグ氏は、プーチン・ロシア大統領に近い人物の一人として知られる。

写真:ヴォロディーミル・ナザレンコ、フェイスブック


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-