ウクライナにおける乗用車のシートベルト着用率はたったの15%

ウクライナにおける乗用車のシートベルト着用率はたったの15%

ウクルインフォルム
ウクライナで乗用車の運転手のうちシートベルトを利用している人は15%しかいないことがわかった。

13日、民主主義・法の支配センター副所長で、「安全な道サポート」キャンペーンのコーディネーターをしているオレーシャ・ホロピク氏が記者会見で発表した。

ホロピク氏は、「2017年の調査結果によれば、運転手の15%しかシートベルトを利用していないことがわかりました。また、この数値は、助手席や後部座席においては、さらに下がります。欧州で最も低い数字です」と強調した。

同氏はまた、この交通規則が違反されている原因の一つは、違反の際の罰金の額が極端に少ないことにあると指摘した。同氏は、具体的に、「乗用車のシートベルトを着用義務に違反した際の罰金の額は、ウクライナでは51フリヴニャ(約200円)です。これは非常に少ない、わずかな額です。これが、このシートベルト着用のルールは義務ではない、大して重要でない、違反しても良いのだとの印象を人々に与えてしまっています。これにより、ウクライナでは乗用車利用者の多くがシートベルト着用義務を無視してしまっているのです」と説明した。

その上で、同氏は、シートベルトが交通事故から生命を守るための最も容易な手段であることを強調し、「シートベルトは致死的な交通事故の際でも、シートベルト着用により生存確率を50%にまで上げます。もしウクライナのシートベルト着用率が90%であれば、毎年、数千人の国民の命が救われていたことになるのです」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-