オデーサ・ビオパークでキリンの赤ちゃん誕生

オデーサ・ビオパークでキリンの赤ちゃん誕生

26
Ukrinform
ウクライナ南部のオデーサにあるビオパークで、最近、キリンの赤ちゃんが誕生した。キリンの出産は、ウクライナでは2回目のこと。

1日、サイト「ドウムスカヤ」が伝えた。

キリンの赤ちゃんは、生まれたばかりと言えど、すでに175センチの身長と50キロの体重がある。オデーサ・ビオパークのドミトロ・オレクサンドロウ館長は、この赤ちゃんは、毎日2.5センチメートルずつ大きくなっているとのこと。

オレクサンドロウさんは、「キリンというのは、とても敏感で臆病な動物で、特別な世話と環境が必要です。キリンの赤ちゃんが私たちのビオパークで生まれたということは、私たちが良い住環境と正しい食事を用意できたことを示しています」と指摘した。

館長は、オデーサ・ビオパークにとっては初めてのキリンの出産だったけれど、分娩はうまくいったと説明した。

新しいキリンのあかちゃんの名前は、アルセンチー。アルセンチーは、3時間に一度は20分眠り、元気に育っているとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.uaへのハイパーリンクは第一 段落より上部にすることを義務付けています。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、 ukrinform.uaからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のペー ジにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2018 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica
詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-