ポロシェンコ大統領、コンスタンティノープル総主教へのアンドリー教会譲渡を提案

ポロシェンコ大統領、コンスタンティノープル総主教へのアンドリー教会譲渡を提案

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、近くアンドリー教会をコンスタンティノープル総主教が恒常的に利用できるようにするための譲渡提案の法案を登録する。

16日、イリーナ・ルツェンコ最高会議(国会)議員・最高会議内大統領代表が調整会議会合で発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ルツェンコ代表は、「大統領は、出来るだけ早くトモス(編集注:正教会の公布文書)授受が行われることへの希求を支持しており、このプロセスとの連帯の印として、象徴的なジェスチャーを行う。コンスタンティノープル総主教がアンドリー教会を恒常的に利用できるようにするための譲渡を提案する大統領の法案が近日中に登録される。この法案は、聖アンドレアがウクライナにキリスト教をもたらしたことと関係する象徴的ジェスチャーである」と強調した(編集注:ウクライナにおけるキリスト教布教のはじまりは、キリストの使者である聖アンドレアのキーウ(キエフ)訪問にさかのぼると言われている)。

また、同代表は、この法案の採択は「母なる教会との一体」を象徴することになるとし、議会の全ての会派に対して同法案を支持するように呼びかけた。

加えて、ルツェンコ代表は、ポロシェンコ大統領がコンスタンティノープル総主教に対し、同総主教がクレムリンとの対立において見せた断固さと勇敢さに感謝していることを指摘した。

ルツェンコ代表は、また、15日のロシア正教会の決定に関して、「ミンスクで行われた会議の後、彼ら(編集注:ロシア正教会)がコンスタンティノープル総主教、コンスタンティノープルとの対話から分断・分裂していくことを理解している。モスクワは、実質的に自らを孤立に追いやったのである」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-