ウクライナ防衛者の日、独立広場で治安機関と活動家が小競り合い

ウクライナ防衛者の日、独立広場で治安機関と活動家が小競り合い

ウクルインフォルム
14日、キーウ(キエフ)市の「コザツィキー・ホテル」の近くで、活動家が独立広場にテントを持ち込み、設置しようとし、警察がそれを制止したことから、小競り合いに発展した。

ウクルインフォルムの記者が伝えたところでは、治安機関が活動家の進行を妨げ、テントの設置を認めず、設備を取り上げたところ、活動家の一部が独立モニュメントへ移動、一部が警察と揉め続けたとのこと。

活動家は手にウクライナ国旗を持っていたが、彼らの服装には所属組織を示すものは何もなかった。同時に、テントを設置しようとした群衆の中にスーミ州コノトープ市の元市長であり、自由党のアルテム・セメニヒンが確認された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-