独立以降最も高いテレビ塔がドネツィク州に登場

独立以降最も高いテレビ塔がドネツィク州に登場

ウクルインフォルム
ドネツィク州ヒルニク(Hirnyk)にて、高さ190メートルの電波塔が建てられた。この電波塔は、地域全域に電波を送信することができる。

9月30日にテレビネットワーク・ウクライナ社がフェイスブックで発表したところによると、同電波塔は、ウクライナ語テレビ・ラジオ放送の電波をドネツィク州の被占領地域にまで送信できるとのこと。

発表文には、「正しい情報発信への希望を抱き、ウクライナの通信サービスの発展を信じ、自らの仕事への愛をこめて、私たちは、ドネツィク州ヒルニクに塔を建てました。高さは、190メートル。これは、ウクライナの独立以降、最も高い塔となります」とある。

同社は、同塔を自分たちだけでリスクを負い、自分たちのイニシアティブで建設したことを指摘した。建設は、2018年8月に開始されたもので、セリドヴェ町とヒルニク町の間に位置している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-