コンスタンティノープル総主教庁、ウクライナ正教会への独立付与の根拠を説明

コンスタンティノープル総主教庁、ウクライナ正教会への独立付与の根拠を説明

ウクルインフォルム
コンスタンティノープル総主教庁は、ウクライナの教会の生まれる基盤となったキーウ(キエフ)府主教区をモスクワ総主教庁に譲渡したことは一度もない。

歴史文書の情報が掲載された29ページにわたる文書にこのように書かれている。28日、ロシアのラジオ「モスクワのこだま」が伝えた。

教育基金「National Bank of Greece」の支援で行われたこの歴史研究の中では、モスクワへの神品機密の権利の付与は「財政的理由」で、「必要にかられ」て行われたもので、「一時的性格を持つ」ものだと指摘されている。

同文書には、すなわち、コンスタンティノープル総主教は「ウクライナの教会に関する母なる教会としての手当てを、それを不可欠だと認める度に、示す権利と義務を有している」と書かれている。

これまで報道されたように、4月19日、ウクライナ最高会議(国会)は、ポロシェンコ大統領からヴァルソロメオス1世コンスタンティノープル総主教に対しての独立のトモス付与に関する呼びかけを支持した。

コンスタンティノープル総主教庁聖会議は、すでにウクライナの新しい教会に独立を付与するために不可欠な手続きを開始している。この問題が審議される聖会議の開催は、10月に予定されている。

コンスタンティノープル総主教庁は、ウクライナ正教会への独立付与の準備の一環で、ダニエル大司教とヒラリオン主教の二人を総主教代理として任命した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-