OSCE、宇公共テレビ放送「UA第一」の再開を要請

OSCE、宇公共テレビ放送「UA第一」の再開を要請

ウクルインフォルム
アルレム・デージル欧州安全保障協力機構(OSCE)報道の自由問題担当は、ウクライナ政府に対して、公共テレビ放送「UA第一」の再開と同放送局への財政支出問題を解決するように呼びかけた。

「週の鏡」紙ウェブ版が報じた。

デージル氏は、「国家は市民の不断のテレビ・ラジオ放送を保障することに責任を負っています」と述べ、「私は、政権に対して、緊急に、そして完全に、国内全ての地域へのテレビ局の放送を再開し、また、同局が活動できるように十分な財政支出を行うことを呼びかけます」と発言した。

また、デージル氏は、公共テレビ放送は、特にウクライナで開催される将来の大統領・議会選挙に向かう時期には、決して停止してはならないと指摘し、「公共放送は、投票権の行使や異なる政党の政治的立場、選挙候補者に関する情報といった、市民が選挙情報を得るという非常に重要な意味を持っています」と説明した。

これまでの報道にあるように、ズラブ・アラサニヤ公共テレビ・ラジオ放送局総裁は、9月25日朝、国家ラジオ放送・通信・テレビ・コンツェルンが負債を理由に「UA第一」局の放送を停止したと述べていた。

24日の時点で、公共放送局は、2018年の財政赤字が2億2000万フリヴニャに達したことを発表し、新規従業員の雇用とボーナスの支払いを制限する意図を表明し、一部従業員に対しては無給休暇を利用するよう呼びかけていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-