「UA第一」局が負債により放送停止:アラサニヤ公共放送局総裁

「UA第一」局が負債により放送停止:アラサニヤ公共放送局総裁

ウクルインフォルム
25日朝、国家ラジオ放送・通信・テレビ・コンツェルンは、負債を理由に「UA第一」局の放送を停止した。

ズラブ・アラサニヤ国家公共テレビ・ラジオ局総裁が、自らのフェイスブックで発表した。

アラサニヤ総裁は、「今朝、国家ラジオ放送・通信・テレビ・コンツェルンがUA第一の放送を停止した(国家の国家に対する負債による)」と書き込んだ。

これまでの報道では、公共放送局は、本年夏の時点で資金面での問題について発表していた。発表によれば、2018年の公共放送局に対する国家予算からの割り当ては、7億7600万フリヴニャしかなく、これは2018年の同局支出より少ないとのこと。その理由は、「公共テレビ・ラジオ放送法」が定める、公共放送局に対する予算割り当ては前年国家予算の0.2%(15億4000万フリヴニャ)でなければならないが、本年はその半分しか予算が配分されていないからであるとのこと。

5月時点で、アラサニヤ総裁は、公共放送局は同国家コンツェルンに対する負債が毎月930万フリヴニャずつ増加していると述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-