OSCE、危険な環境状況の中でもクリミアとの行政境界線付近の業務継続

OSCE、危険な環境状況の中でもクリミアとの行政境界線付近の業務継続

ウクルインフォルム
7日、アレクサンダー・フーグ欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)第一副団長は、クリミア半島アルミャンシクの工場「チタン」からの流入による環境問題はあるが、SMM要員はクリミアとの行政境界線での業務を続け、状況の監視を続けていると述べた。

フーグ第一副団長が記者会見時に述べた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フーグ第一副団長は、「ヘルソン市のSMM要員チームが状況を追っている。私たちは、(ウクライナ)政権と緊密に協力している。私たちは、状況とSMM要員の安全に懸念している。必要となれば、保護のための手段を取るであろう」と述べた。

これまで報じたように、8月24日の夜、ロシアに占領されているクリミアの、工場「チタン」のあるアルミャンシク市で不明の毒物の流入が発生した。ウクライナ南部ヘルソン州では、「チタン」からの流入で、化学汚染が確認されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-