被占領下クリミア・アルミャンシクからの避難状況

被占領下クリミア・アルミャンシクからの避難状況

ウクルインフォルム
環境状況の悪化により、被占領下クリミア北部アルミャンシク市から住民が避難している。

クリミア・タタール系地方紙「アウデト」ウェブ版が伝えるところでは、アルミャンシク市の状況は、次第に、立ち入り禁止区域のようになっているが、「地方自治体」は非常事態宣言を出していないとのこと。

8月24日の夜、被占領下クリミアのアルミャンスク市では、不明の毒物が水源に流入。その後、ウクライナ国境警備庁アゾフ・黒海地域局広報室は、ウクライナ南部ヘルソン州で、国境警備隊が被占領下クリミアでの化学汚染を確認したと発表していた。

過去一週間、ヘルソン州国境警備隊が被占領下クリミアとの行政管理線で、工場「チタン」からの毒性化学品の流出を確認。これにより、児童をはじめ、地元民の健康の著しい悪化が生じていた。

アウデト紙は、市内に混乱が生じており、子どもを持つ親は子どもの避難先を決められずにいると書いた。

同紙は、児童やその親は、避難に4時間待つこともあるとのことで、「バスが不足しており、一度出たバスが戻ってくるまで待ち続けなければならない」と書く。同紙は、市内の人口が著しく減っていると報じた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-