国会前で1000人以上が集会、選挙制度の改正求め

国会前で1000人以上が集会、選挙制度の改正求め

ウクルインフォルム
6日、最高会議(国会)近くの憲法広場で、集会「ヤヌコーヴィチの法律での選挙にノーを!」が開催されている。

ウクルインフォルムの記者が伝えるところによると、集会に集まっているのは様々な年齢の活動家、1000人以上であるとのこと。

人々は、ウクライナ国旗や、自由党、自助党、国民運動党、新勢運動党、社会民主党、民族集団党などの政党の旗を持っている。

また、「ヤロシュの国家イニシアティブ」の旗を持った覆面姿の者や、「国家民兵」のTシャツを着た者もいる。

また、「ウクライナ女性組合」の代表者も参加しており、女性議員数を増やすために、選挙法にジェンダー割当制を取り入れるように主張している。

多くの参加者は、記者に対し、選挙法改正を通じて、非拘束式名簿(オープン・リスト)比例代表制の導入を求めていると述べている。

キーウ(キエフ)市出身のオレフさんは、「(政党の提示する候補者)名簿上の順番が拘束されなくなれば、信頼できない人が政権に入ることが少なくなるかもしれません」と語った。

現時点の同広場の状況は平穏であり、人々が集まり続けている。ステージ上では、愛国的な音楽が流れ、政治家が演説をしている。

集会会場では、警察が活動家と対話をしている。

憲法広場と最高会議の建物の間には、警察と国家警護隊が列を組んでいる。また、治安機関が官庁街の通りの警備を強化している一方で、車両交通は制限されていない。

なお、以前の報道によれば、2017年11月7日、最高会議で、選挙法典案が第一読会を通過した。この選挙法典は、最高会議選挙に被拘束式比例代表制を導入するとともに、地方選挙の制度も変えるものである。

本年9月3日、アンドリー・パルビー最高会議議長は、秋会期の開始にあたり、議員は10月にこの選挙法典案の第二読会の審議を行うと発言した。パルビー議長によると、この法典案へは4500という多くの修正が用意されているため、審議に1,2週間かかる可能性があるとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-