各ラジオ局は、ウクライナ語楽曲をノルマ以上に流している

各ラジオ局は、ウクライナ語楽曲をノルマ以上に流している

ウクルインフォルム
2018年上半期、全国のラジオ局の番組でウクライナ語楽曲が流された割合は平均で54%、地方ラジオ局では48%だった。なお、法律の定める最低限ノルマは、30%である。

ウクルインフォルムで開かれた記者会見で、国家テレビ・ラジオ評議会のセルヒー・コスティンシキー委員が発言した。

同委員は、「現在、全国規模のラジオ局の番組内でウクライナ語楽曲の占める割合は54%、地方局の番組では48%となっている。他方で、注意すべきは、『公共放送』や『ウクライナ・ラジオ』、『ラジオ光線』のようなほぼ100%ウクライナ語楽曲を流しているところがあることである」と述べた。

同委員によれば、もっともウクライナ語楽曲を流しているのは、「クライナFM」(100%)、「UA:ラジオ光線」(99%)、「UA:ウクライナ・ラジオ」(92%)、「UA:ラジオ文化」(76%)、「ラジオNB」(61%)であったとのこと。

また、同委員は、地方局でもっともウクライナ楽曲を流している州は、リウネ州(91%)、テルノーピリ州(78%)、イヴァノ=フランキウシク州(65%)、ヴォリーニ州(60%)、スーミ州(59%)、リヴィウ州(54%)であったと述べた。

そして、同委員は、2017年上半期と比べて、ウクライナ語楽曲の割合が大きく増えたのは、ルハンシク州(16%増)、ヴォリーニ州(10%増)、テルノーピリ州(9%増)、キーウ(キエフ)市とキーウ州(9%増)、キロヴォフラード州(8%増)、ヘルソン州(8%)であったと指摘した。

また、同委員は、ラジオ番組を国家語(ウクライナ語)で行う割合も増加しており、祖割合は2018年上半期で全国ラジオ局で84%、地方ラジオ局で92%であったと述べた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-