ウクライナ・アニメ「おかしな女性」がアメリカの映画祭に出品へ

ウクライナ・アニメ「おかしな女性」がアメリカの映画祭に出品へ

ウクルインフォルム
アンドリー・シチェルバク映画監督のアニメ作品「おかしな女性(Причинна)」が、アメリカのストラスバーグ映画祭(Strasburg Film Festival)へ出品作品として選ばれた。

ウクライナ国家映画庁の発表によれば、この映画祭は、11月9日~11日にバージニア州シェナンドー郡で開催される。

発表には、「映画祭のプログラムには、80か国から900の映画が参加する。タラス・シェウチェンコ(編集注:ウクライナの国民的詩人)の詩の映像化は、国家映画庁の支援を受けマヒカ・フィルム社が実現した」とある。

写真:5チャンネル局

「おなしな女性」予告編


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-