【プーチンの逮捕状】ウクライナ議会、ローマ規程締約国に国際刑事裁判所の決定履行を要請

【プーチンの逮捕状】ウクライナ議会、ローマ規程締約国に国際刑事裁判所の決定履行を要請

ウクルインフォルム
ウクライナの最高会議(国会)は20日、国際刑事裁判所(ICC)ローマ規程の締約国に対して、ICCが発布したプーチン露大統領とリヴォヴァ=ベロヴァ露大統領全権の逮捕状の履行のための方策をとるように要請した。

ジェレズニャク最高会議野党「声党」会派議員がテレグラム・チャンネルにて伝えた

ジェレズニャク氏は、「最高会議は、関係者、ローマ規程締約国に対して、ICCによるプーチン露大統領逮捕状の決定を履行するためにあらゆる可能な方策をとることを求める呼びかけを採択した」と書き込んだ。

同氏はまた、同呼びかけ決議(第9122)は、最高会議議員335名が賛成したと伝えた(過半数は226)。

なお、同呼びかけは、諸外国・機関に対して、ロシアのウクライナ領における全ての重罪を強く避難するよう要請した上で、その犯罪の捜査、責任追及、全ての罪人の正義の刑罰に向けてあらゆる可能な方策をとるよう呼びかけた。

また議員たちは、ロシアへの最大限の政治的圧力と制裁をかけるよう要求した。

さらに、ローマ規程締約国に対して、ICC予審部のプーチン露大統領とレヴォヴァ=ベロヴァ大統領代表の逮捕状発布の決定を履行するためのあらゆる方策をとるよう呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2024 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-