ゼレンシキー大統領、クリミア・プラットフォーム宣言に将来ロシアが署名することを期待

ゼレンシキー大統領、クリミア・プラットフォーム宣言に将来ロシアが署名することを期待

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、23日に首脳会談の結果として採択され。ロシアのクリミア占領を非難するクリミア・プラットフォーム宣言には、ロシア代表者が署名するための場所が常に用意されると発言した。

ゼレンシキー大統領がキーウ(キエフ)で開催されたクリミア・プラットフォーム首脳会談時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、ロシア連邦は同日のクリミア・プラットフォーム首脳会談に参加していないが、しかし活発に同首脳会談について議論し、反応し、コメントしてきたことを指摘しつつ、「端的に言えば、同国が非常に活発だったために、あたかもロシアはクリミア・プラットフォームの完全な参加国だったのではないかという印象が生まれたのだ」と発言した。

その上で、大統領は、ロシアがクリミア・プラットフォームにそれほど関心があるのであれば、「私たちはロシア連邦にクリミア・プラットフォームに加わるよう招待する。クリミア脱占領の手段を作り出し、歴史上の悲劇的過ちを正すためにだ」とコメントした。

大統領はまた、「私は、クリミア占領を非難する首脳会談宣言には、常にロシア連邦代表者が署名するための場所が用意することを約束する。思うに、おそらく、その署名はヤルタで開かれるクリミア・プラットフォームの最終首脳会談で行われることになるだろう」と指摘した。

なお、23日、キーウにてクリミア・プラットフォーム第1回首脳会談が開催され、その結果としてクリミア・プラットフォーム宣言が採択された


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-