クリミアを地図上の「見えない染み」にはさせない=独閣僚

クリミアを地図上の「見えない染み」にはさせない=独閣僚

ウクルインフォルム
アルトマイヤー独経済エネルギー相は、クリミア併合は法の支配への愚弄であり、現地住民に脅威をもたらすものだとし、クリミアを地図上の「見えない染み」にさせはしないと発言した。

アルトマイヤー大臣がキーウ(キエフ)で開催されたクリミア・プラットフォーム第1回首脳会談の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

アルトマイヤー氏は、「クリミア併合は、国際法への愚弄である。私たちは、それがとりわけクリミア・タタール人やその他の住民にどのような脅威をもたらしているかを目にしている。私たちは、クリミアを地図上の目に見えない染みにしてしまうことを看過しない。私たちは、完全にウクライナとともにあり、私たちは、その併合をともに非難している。私たちは、新たな協議と国境回復を呼びかけている」と発言した。

同氏は、ドイツはロシアによるクリミアの違法併合を認めていないし、これからも認めないとし、ロシアの行動が欧州連合(EU)の制裁発動をもたらしたと強調した。

また同氏は、「ドイツは、領土一体性と主権に従って行動している。私たちは、併合が地域に大きな問題を生み出したことを理解しており、そのためEUは制裁を科し、何度となくそれを延長してきている。その行動が続くことこそが、制裁の延長の根拠となっている」と説明した。

またウクライナとの強力に関しては、同氏は、ウクライナとのエネルギーパートナーシップを喚起し、それは経済的繋がりの強化の例だと発言した。また、「ガス供給、ウクライナを通じたガス輸送は、2024年後も続いていく」と明言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-