国際社会はロシアによるクリミア違法併合の合法化を看過してはならない=欧州理事会議長

国際社会はロシアによるクリミア違法併合の合法化を看過してはならない=欧州理事会議長

ウクルインフォルム
ミシェル欧州理事会議長は23日、国際社会はロシアによるクリミアの違法併合を決して看過しないように行動しなければならないと発言した。

ミシェル欧州理事会議長がキーウ(キエフ)で開催されたクリミア・プラットフォーム第1回首脳会談の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ミシェル議長は、自身が同首脳会談に参加したのは、欧州連合(EU)のクリミア・セヴァストーポリ違法併合不承認という不変の立場を確認するためだと発言した。

その上で同議長は、「私たちは、この不承認政策を続けていくし、国際法のいかなる違反にも反対し続ける。そのような違法な行為は、信頼と平和に脅威をもたらす。私たちの目的は、違法な併合が決して合法化されないようにすることだ」と発言した。

議長はまた、クリミア占領に関する立場は国際議題において高い位置にあり続けなければならないと強調し、「私たちは、私たちのその不変の政治的支持を示している。私たちは、そうすることで国際秩序への脅威に対して対応したいのだ。世界秩序の維持は絶対に不可欠であり、そのためには私たちはウクライナの領土一体性維持とクリミア併合不承認に関するできるだけ広範囲の国際的支持を引き寄せなければならない」と強調した。

また議長は、被占領下クリミアの軍事化について懸念を表明し、「それは元に戻さなければならない。同時に、私たちは、ロシアによるクリミアを自らの国境に統合する力による試みへも対抗しなければならない」と発言した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-