米国はロシアに対ウクライナ侵略の責任を負わせるつもり=米閣僚

米国はロシアに対ウクライナ侵略の責任を負わせるつもり=米閣僚

ウクルインフォルム
米国は、クリミア・プラットフォームはクリミアがウクライナであること、ロシアにクリミア併合の責任を負わせなければならないという考えを皆に伝えたと考えている。

23日、ジェニファー・グランホルム米エネルギー長官がキーウ(キエフ)で開催されたクリミア・プラットフォーム第1回首脳会談の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

グランホルム氏は、「私たちは、ロシアを押さえつけて、ウクライナ東部への介入とクリミア併合をやめさせたいと思っている。私たちは、この紛争解決のための支援にて完全にコミットして作業している。私たちは、クリミア・プラットフォームは確かにクリミアがウクライナであるという考え、ロシアにその併合の責任を負わせなければならないとの考えを皆に伝えたと考えている」と発言した。

また同氏は、米国はウクライナやその他の国々とともにクリミアの違法併合を非難していると指摘した。

また、来週バイデン米大統領とゼレンシキー大統領がワシントンで会うことを喚起し、米ウクライナ関係はさらに強化されると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-