ロシアがノルド・ストリーム2をウクライナに敵対する形で利用したら、ドイツは単独で制裁を発動=ブルームバーグ

ロシアがノルド・ストリーム2をウクライナに敵対する形で利用したら、ドイツは単独で制裁を発動=ブルームバーグ

ウクルインフォルム
ロシアがガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」をウクライナに対する武器として利用しようとしたら、ドイツは、単独、あるいは欧州パートナー国を誘う形で制裁を含む対応を取る。

21日、米ブルームバーグが、同社が入手したノルド・ストリーム2関連の合意案文書を引用して報じた

同社が入手した案によれば、もしロシアがガスを武器として利用しようとしたり、ウクライナに対して攻撃を使用としたりした場合は、ドイツは、単独、あるいは欧州のパートナー国を誘う形で、ロシアのエネルギー輸出を制限する制裁を含む方策を発動することになる。

同社記者は、アンゲラ・メルケル独首相は、以前はロシアとドイツを結ぶ、いわゆる「商業プロジェクトである」ノルド・ストリーム2に関して、ドイツがロシアに対して単独の行動を取ることは否定していたことを喚起しつつ、そのため、今回の決定はメルケル首相による一定の妥協を示すものかもしれないと指摘している。

ブルームバーグは、米独の合意案はまた、ウクライナがクリーンエネルギーへと移行することを促進する「グリーン機構基金(Green Climate Fund)」と呼ばれる基金への10億ドル投資の誘致を促進することを義務付けているとも伝えている。またその際、ドイツは、同基金に暫定的に1億7500万ドルを納金することが義務付けられるという。

さらにドイツは、ウクライナとの二者間エネルギープロジェクトをサポートするために、7000万ドル拠出とともに特使の任命を行うという。

また、同合意には、2024年にウクライナとロシアの現在のガス輸送合意が失効する際に、同合意の10年延長に向け、ドイツが影響力を行使することも書かれているという。

ブルームバーグは、ロシア政権からコメントは今のところ得られていないと伝えた。

これに先立ち、20日、米国務省は、独露間で建設の続くガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」がロシアの新しい影響力行使の手段となってはいけないと発表していた

なお、現在キーウ(キエフ)を米国務省からデレク・ショレ補佐官が訪問しており、ウクライナ側首脳陣とノルド・ストリーム2問題などの議論を行なっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-