モルドバ、ジョージア、ウクライナはEUを強化する潜在力がある=モルドバ大統領

モルドバ、ジョージア、ウクライナはEUを強化する潜在力がある=モルドバ大統領

ウクルインフォルム
モルドバ共和国のマイア・サンドゥ大統領は、モルドバ、ジョージア、ウクライナは欧州連合(EU)加盟への道では改革実現が不可欠であることを認識しているが、同時に、3国はEUを強化する潜在力があることも理解していると発言した。

19日、サンドゥ大統領が訪問先のジョージア・バトゥミにて3国首脳共同宣言を採択した後の記者会見時に発言した。

サンドゥ大統領は、モルドバ、ジョージア、ウクライナは欧州を自国に建設したいのだが、同時にいずれ欧州家族のメンバーにもなりたいと思っていると指摘した。

大統領は、「連合トリオ」に参加するモルドバ、ジョージア、ウクライナにとって、第一にやるべきで、かつ最も困難なのは、各国が国内で行わねばならないこと、裁判機構や汚職対策機関の独立確保といった民主機構と法の支配の強化であると指摘した。

その上で大統領は、「これら改革は、私たちの義務である。私たちは、それらを延期させることも回避することもできない。(中略)私たちは、今日、バトゥミ首脳会談宣言に署名したのであり、より多くのことを達成したいと思っている。(中略)私たちの共通の願望は、私たちの貢献を根拠としたEUへの加盟だ。(中略)私たちは、EUを強化する加盟国となる潜在力があると信じている」と発言した。

なお、19日、ウクライナ、モルドバ、ジョージア3国の首脳は、バトゥミにて首脳会談を開催し、その際共同宣言を採択している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-