ゼレンシキー大統領、ジョージアにて被占領下アブハジアとの境界線状況を視察

ゼレンシキー大統領、ジョージアにて被占領下アブハジアとの境界線状況を視察

写真
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は19日、ジョージアを訪問し、被占領下にあるアブハジアとの境界線上の治安情勢を視察し、また被占領地との間の唯一の通過検問地点となっているエングリ橋を通過した。

ウクライナ大統領府広報室が伝えた

発表には、ゼレンシキー大統領は、アバストゥマニ監視地点を訪れた際に、ジョージアの主権領土の一部の占領がどのように継続しているかを見る機会を得た、と書かれている。

大統領によれば、大統領は「アブハジアではロシア連邦の軍事プレゼンスが高まっており、また国民の人権が侵害されている」と発言した。

同時に大統領は、ウクライナとジョージアは主要な国際機関・地域機関での被占領地奪還イニシアティブにて協力していることを喚起した。

また大統領は、エングリ橋にてジョージアにて活動する欧州連合監視団(EUMM)団員と対話をしたとのこと。

マレク・シチゲル(Marek Szczygieł)EUMM団長は、同通過検問地点の活動はCOVID-19拡散を受けて制限されていたとし、地元住民たちが困難を被り、特に学校の教師たちが家に戻ることができなかったと伝えた。現在では、橋を通じた人の移動は再開されており、通過検問地点は毎日最大2000人が利用していると説明された。

同時に、アブハジアと南オセチアの自称「政権」は、EUMMの被占領地のアクセスを拒否しているという。

ゼレンシキー大統領は、ウクライナとジョージアは友好国家であると同時に、戦略的パートナーであり、互いに領土一体性と主権を支持し合っているとし、自国領の脱占領と願望の実現のために共同で活動していくと発言した。

なお、ゼレンシキー大統領は19日、ジョージアを実務訪問しており、バトゥミ国際会議に参加する予定。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-