私たちはロシアによるクリミア併合を認めていない=英首相

私たちはロシアによるクリミア併合を認めていない=英首相

ウクルインフォルム
ボリス・ジョンソン英首相は、23日の黒海海上の被占領下ウクライナ領クリミア沖の出来事につき、英駆逐艦ディフェンダーは合法的に行動していたと指摘した。

ジョンソン首相が記者団に対して、本件に関して、ロシア側が黒海海上で英駆逐艦に警告射撃を行なったと発表していることにつきコメントした。ロイター通信が報じた

ジョンソン氏は、「私は、公海の利用は完全に適切だったと思っている」と述べ、また「重要な点は、私たちがロシアのクリミア併合を認めていないことである」と発言した。同氏は続けて、「それはウクライナの領海であり、AからBへ進む際にそれを利用することは全くもって正しかった」と発言した。

これに先立ち、ロシア国防省は、被占領下ウクライナ領クリミア沖を航行する英国の駆逐艦HMSディフェンダーに対して、警告射撃・爆撃を行ったと発表していた。これに対して、英国防省は、ロシア軍の発表を否定し、同国艦船は国際法に従いウクライナの領海を無害通航していたのだと発表していた。

なお、ウクライナ南部クリミアは、2014年2月20日に始まったロシア連邦の侵略により武力占領されている。

また、21日、ウクライナと英国は、オデーサ市の英海軍艦船HMSディフェンダーの船上にて、英国産業コンソーシアム・ウクライナ海軍間の海洋パートナーシップ・プロジェクト実現に関する覚書に署名していた。同覚書は、ウクライナと英国における艦船の共同設計・建設、ウクライナの船舶建造企業の再建、ウクライナ海軍基地2つの建設を想定する内容となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-