ゼレンシキー大統領、OSCE議長と東部情勢を協議

ゼレンシキー大統領、OSCE議長と東部情勢を協議

写真
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は15日、キーウ(キエフ)を訪れたアン・リンデ欧州安保協力機構(OSCE)議長(スウェーデン外相)と会談し、ウクライナ東部と国境沿いの治安情勢につき協議を行なった。

大統領府広報室が伝えた

発表によれば、ゼレンシキー大統領は、リンデ議長に対して、OSCE議長国を務めるスウェーデンがウクライナの主権・領土一体性回復と東部の平和的情勢解決に注意を向けていることを指摘し、「私たちがキーウで会うのは、今年2回目となる。あなたがここ数日、ウクライナ東部を訪れたことは、大切だ」と発言した。

両者は、ウクライナ東部と国境近くの治安情勢について協議を行ない、ウクライナにとっての軍事的脅威の高い水準について意見を交換した。また、黒海地域における治安強化の手段についても協議された。

大統領は、三者コンタクト・グループ(編集注:ウクライナ、ロシア、欧州安保協力機構(OSCE)の三者からなるウクライナ東部情勢解決に向けた協議を行なうグループ)が完全な作業を回復すべきだと指摘した。

その他大統領は、ウクライナ・ロシア間国境のウクライナ政府が管理を失っている地点、一時的被占領下クリミア、アゾフ海・黒海地域の情勢をOSCEウクライナ特別監視団(SMM)が監視することが重要だと強調した。

ゼレンシキー大統領はまた、スウェーデン外相であるリンデOSCE議長に対して、スウェーデンがピリープ・オルリクの憲法の原本をキーウに一時的に貸与する決定を採択したことに謝意を伝えた。大統領は、「300年以上ぶりに、私たちの国家性の重要所属品が再びウクライナを訪れるのだ。それはスウェーデンからの非常に大きな有効のジェスチャーであり、私たちは高く評価している」と発言した。

大統領はまた、スウェーデン側が8月23日のクリミア・プラットフォーム立ち上げ首脳会談に参加することが重要だと指摘した。

これに先立ち、アン・リンデOSCE議長は、6月14日にウクライナ東部の統一部隊作戦圏を訪問し、OSCE/SMMの活動やロシアの武力侵略の被害、黒海・アゾフ海の船舶の移動の状況を視察していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-