ロシア製コロナワクチン接種はウクライナ入国の許可根拠とならない=国境警備庁

ロシア製コロナワクチン接種はウクライナ入国の許可根拠とならない=国境警備庁

ウクルインフォルム
ウクライナ国境警備庁は、ウクライナ入国の際には、とりわけ世界保健機構(WHO)が認めたコロナワクチンに関する保健省の情報を考慮するよう呼びかけている。

10日、アンドリー・デムチェンコ国境警備庁報道官がウクルインフォルムの記者に伝えた。

デムチェンコ報道官は、「国境警備庁は、保健省から説明を受け取った。同庁は、国民に対して、どのような文書を準備しなければいけないか、どのようなワクチンにて免疫を得るかに関する情報を考慮するよう呼びかけている。とりわけ、過去2日間、ウクライナ国境の通過検問地点では、外国人が『スプートニクV』ワクチンによる免疫証明書を携帯して越境を試みる事例が観察されている。ロシアとの国境にて、この2日間でロシア連邦国民によるそのような試みが約15回確認された」と発言した。

同氏は、「スプートニクV」はWHOのリストに加えられていないため、同ワクチン接種の文書は、ウクライナ入国の権利を与えないと説明した。

なお、8日、ウクライナ入国要件の変更に関する閣議決定が発効している。これにより、今後、外国人は、コロナ検査結果またはワクチン接種証明書とコロナ感染症の治療費を対象とする健康保険加入証明書を提示することで入国することが可能となっている。ただし、その際のコロナワクチン接種は、WHOが非常な状況での使用を認めたワクチンリストに含まれられている、ワクチン:ファイザー/バイオンテック、ジョンソン&ジョンソンのヤンセン、アストラゼネカ/コビシールド(インド)、アウトラゼネカ/SKBio(韓国)、モデルナ、シノファーム、コロナバック(シノバック)でなければならないと説明されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-