独仏のおかげでノルマンディ4国外相会合開催のチャンスが生まれた=クレーバ外相

独仏のおかげでノルマンディ4国外相会合開催のチャンスが生まれた=クレーバ外相

ウクルインフォルム
ウクライナのクレーバ外相は、ドイツとフランスの両国外相のおかげで、ノルマンディ・フォーマット(独仏宇露4国)の外相級会合が開催されるチャンスが生じたと発言した。

9日、ベルリンを訪問しているクレーバ外相がマース独外相との会談後共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

クレーバ外相は、最近独仏露の3国外相が電話会談を行ったことについて、自身はその電話会談開催の意図を事前に知らされていたし、開催を支持していたと述べ、支持の理由は同開催の目的が、ロシアのラヴロフ外相をノルマンディ4国外相会談への参加に促すことにあったからだと説明した。

クレーバ外相は、「現在、ハイコ(マース独外相)とジャン=イヴ(ル・ドリアン仏外相)の努力のおかげで、私たちは、そのような会合を開催するチャンスを得ており、私は、その開催を期待している。私たちは、内容ある対話を行う準備がある。重要なことは、ラヴロフ氏が『ロシア以外の全員が悪い』というような従来の同国の立場を伝えるために参加するのではなく、合意のために参加することである。そのため、私たちはその会合開催を待ち、会合の結果を期待している」と発言した。

これに先立ち、7日、ドイツのマース外相とフランスのル・ドリアン欧州・外務相は、共同でロシアのラヴロフ外相と電話会談を行い、その際、ウクライナ東部紛争の平和的解決に関し、ロシアに「肯定的貢献」を行うように要請していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-