保安庁、ロシア発「ウクライナのエージェント」発表は偽情報だとコメント

保安庁、ロシア発「ウクライナのエージェント」発表は偽情報だとコメント

ウクルインフォルム
ウクライナ保安庁(SBU)は、ロシア連邦にて連邦保安庁(FSB)が「SBUのエージェント」を摘発したと発表したことにつき、偽情報であるとコメントした。

7日、アルテム・デフチャレンコSBU報道官がウクルインフォルムの記者にコメントした。

報道官は、「ロシア連邦FSBによる、SBUエージェント摘発なる発表は、いかなるものも、ハイブリッド戦争展開の視点からのみ見るべきである。偽情報の拡散、特殊情報作戦の展開は、ハイブリッド戦争の要素である」と発言した。

報道官は、報道機関に対して、ロシア発の類似の情報には懐疑的に接するよう呼びかけた。

これに先立ち、露FSBは、6月3日にウクライナ国民のオレクシー・セメニャカ氏に関して、SBUと協力していたと主張した上で、ロシアに対して25年間の渡航禁止措置をとったと発表していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-