バイデン米大統領は米露首脳会談前にゼレンシキー宇大統領と会うと良い=クラウチューク三者グループ代表

バイデン米大統領は米露首脳会談前にゼレンシキー宇大統領と会うと良い=クラウチューク三者グループ代表

ウクルインフォルム
クラウチューク三者コンタクト・グループ(TCG)ウクライナ代表(ウクライナ初代大統領)は、バイデン米大統領は16日のジュネーヴでのプーチン露大統領と会談の前に、ゼレンシキー大統領と会うと良いと発言した。

6日、クラウチューク氏が国営ロシア語テレビ局「家」出演時に発言した

クラウチューク氏は、「私は、プーチン・バイデン会談の前にバイデン氏が電話ででも良いのでゼレンシキー大統領と話して欲しいと思っている。なぜなら、私の理解では、その会談ではウクライナの議題もあるだろうからだ。それは明白だ。議題となるなら、おそらくゼレンシキー氏よりウクライナのことをよく知っている人はいない。ドンバス情勢についてゼレンシキー大統領より詳しい人はいない。なぜなら、彼は大統領に就いてからの期間、すでに25回も紛争圏を訪れているからだ」と発言した。

クラウチューク氏はまた、ゼレンシキー氏がバイデン氏に伝えられる情報は米露首脳会談にも有益となるものであるし、電話会談を準備するのは難しいことではないと発言した。

なお、バイデン米大統領は、6月10日から16日にかけて、大統領就任後初となる欧州訪問を実施し、英国でのG7首脳会談や、ブリュッセルでのNATO首脳会談、米EU首脳会談を行う。また、バイデン氏は、6月16日にジュネーブにてプーチン露大統領と会談する予定。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-