レズニコウ副首相、日本政府のウクライナ東部支援に謝意表明

レズニコウ副首相、日本政府のウクライナ東部支援に謝意表明

ウクルインフォルム
日本政府は、2021年、ウクライナ東部ドネツィク・ルハンシク両州の住民支援と復興支援に450ドルを拠出する。

オレクシー・レズニコウ副首相兼一次的被占領地再統合問題相が閣僚会議クラブでの記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

レズニコウ副首相は、「私たちの国際パートナーである日本政府が現在行なっているのは、正に人のためのことである。(中略)今年は、450万ドルのプロジェクトの実現となる。資金は、ウクライナ国防省傘下の医療施設の質と業務効率の改善、自由を奪われた人々の支援、負傷者や病人の支援、医療支援、フィジカル・リハビリテーション、自治体サポート・イニシアティブなどだ」と発言した。

レズニコウ氏は、日本は国連と国際赤十字委員会(ICRC)と共同で、ドネツィク・ルハンシク両州において複数の重要プロジェクトを組織しているとし、これまでに戦闘で損壊した400の建物の修復や、教育分野プロジェクトの実現、コミュニティ構築、軍保健分野への支援が実現されてきたと伝えた。

その上で、レズニコウ氏は、日本政府、ICRC、国連に対して、一貫したウクライナへのサポート、そしてロシアの軍事侵略の被害で苦しむ人々の暮らす被占領地を含む、ドネツィク・ルハンシク両州への人道支援につき謝意を表明した。

なお、政府ポータルサイトの発表によれば、日本政府は2021年、人道支援、社会的弱者支援、ウクライナ東部復興、ウクライナ軍事病院への医療支援供与に450万ドルを拠出するという。

これら支援は、4つのプロジェクトに分類されており、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)、ICRCが実施主体となっている。

また、2014年以降、日本政府が提供してきたウクライナ東部紛争で被害を受けている人々への人道支援の支援総額は5590万米ドルとなっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-