ロシア、プスコフ市から親衛空挺師団を占領下クリミアへ移動=調査グループ

ロシア、プスコフ市から親衛空挺師団を占領下クリミアへ移動=調査グループ

ウクルインフォルム
ロシア連邦は、プスコフ州から占領下ウクライナ領クリミアへとロシア軍第76親衛空挺師団を移動させている。同師団は、2014年にウクライナ東部で戦闘に参加していたことがわかっている。

ロシアの調査グループ「コンフリクト・インテリジェンス・グループ(CIT)」が発表した

CITは、4月4日にTikTok上に公開された動画にて、ロシア空挺軍の装備に入っている120ミリ自走砲ノーナ-Sを積載したフラットカーが写っていることを指摘した。

@doodlezzzs

##поезд##военнаятехника

♬ оригинальный звук - PODSTRELOV

調査メンバーは、フラットカーの番号をgdevagonサービスで追跡したところ、プスコフ州チェリョハ村駅からクリミアのシンフェローポリ駅へ移動しているものであることを特定したという。差出人と受取人はともに、軍事基地07264となっているが、これは「プスコフの空挺隊」として知られる第76親衛空挺師団のことである。

同師団を構成する第104親衛空挺襲撃連隊は、通常チェリョハに配置されている。

また、第76親衛空挺師団は、ウクライナ東部の戦闘に参加していたことがわかっている。

なお、これに先立ち、3月30日、ルスラン・ホムチャーク・ウクライナ軍総司令官は、最高会議臨時会議にて、ロシア連邦軍大隊戦術群28個がウクライナとの国境沿いに配置されていると述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-