ウクライナ代表団は今後の三者協議でミンスクを訪れない=副首相

ウクライナ代表団は今後の三者協議でミンスクを訪れない=副首相

ウクルインフォルム
ウクライナ、ロシア連邦、欧州安全保障協力機構(OSCE)からなり、ウクライナ東部紛争解決を協議する三者コンタクト・グループ(TCG)のウクライナ代表団は、コロナ防疫措置が解除されても、今後はTCGの対面協議のためにベラルーシ首都ミンスクを訪れることはない。

5日、オレクシー・レズニコウ副首相兼一次的被占領地再統合問題相がICTV局出演時に発言した。

レズニコウ副首相は、「私たちは、仮に突如防疫制限が終了し、以前同様、ミンスクにて対面で協議を行うことが提案されたとしても、私たちはそのTCG会合には参加しない。私たちは、ウクライナ代表団は(編集注:動画会合ではなく)実際に会う会合のためにミンスクへ代表団メンバーを送ることはないと説明した。他の国、他の町を探すことになる」と発言した。

副首相は、その理由として、現在ベラルーシはロシア連邦の影響下にあり、ウクライナにはベラルーシに対する信頼がないからだと説明した。

なお、TCGは2週間に1度のペースでベラルーシ首都ミンスクにて会合を開催していたが、新型コロナウイルス感染症拡大を受け、昨年からはビデオ会議形式での会合開催に切り替えている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-