仏独、ウクライナ東部激化につき共同声明

仏独、ウクライナ東部激化につき共同声明

ウクルインフォルム
フランスとドイツの外務省は3日、ウクライナ東部の停戦違反数増加につき懸念を表明する共同声明を発出した。

フランス外務省が声明を掲載した

両国は、最近の停戦違反件数増加を懸念しているとし、「私たちは、ロシア軍の移動をはじめとし、大きな注意を持って情勢をフォローしており、双方に対して、抑制と緊張の速やかな緩和を呼びかける」と強調した。

加えて両国は、ウクライナの主権と領土一体性への支持を改めて確認し、「ノルマンディ・フォーマットの仲介国として」ミンスク諸合意の完全履行のために働き続けると表明した。

両国はまた、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)のマンデートの延長を歓迎するとし、またSMMが自らのマンデートに従って課題遂行できるよう、SMMの移動の自由制限を止めるよう呼びかけた。

なお、これに先立ち、3月30日、ルスラン・ホムチャーク・ウクライナ軍総司令官は、最高会議臨時会議にて、ロシア連邦軍大隊戦術群28個がウクライナとの国境沿いに配置されていると述べていた。

また、3月31日、ウクライナ東部紛争の情勢解決を協議するウクライナ、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)からなる「三者コンタクト・グループ(TCG)」の協議が開催され、クラウチュークTCGウクライナ代表が、4月1日0時00分からの停戦維持確保を提案したが、ロシアTCG代表団が同案を支持しなかった。

3月26日には、ドネツィク州シュミーにて、ロシア占領軍の攻撃を受け、ウクライナ兵4名が死亡している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-