ウクライナ外務省、ロシアによる被占領下クリミアの徴兵に抗議

ウクライナ外務省、ロシアによる被占領下クリミアの徴兵に抗議

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は、ロシア連邦が占領下クリミアにてウクライナ国民を徴兵していることにつき、強い抗議の意を表明した。

1日、ウクライナ外務省が抗議声明を発出した

声明には、「ウクライナ外務省は、ロシア連邦による、一時的被占領下のクリミア自治共和国とセヴァストーポリ市に居住するウクライナ国民をロシア連邦軍に徴兵するという戦争犯罪の実行に対して断固とした抗議の意を表明する」と書かれている。

外務省は、ロシア占領政権は、一時的被占領下ウクライナ領にて徴兵を行うことで1949年付ジュネーブ第四条約をはじめとする国際人道法に体系的に違反していると強調した。

また外務省は、2015年以降、ロシア占領政権はクリミアにて12回の徴兵を行い、約2万8000人が違法に動員されたことを喚起しつつ、2021年4月1日から、新たな徴兵が始められていると伝えた。

その際、徴兵に同意しないクリミア住民に対しては、刑事追訴が行われているが、これもジュネーブ第四条約の違反であると書かれている。

その上で外務省は、「私たちは、国際社会に対して、ロシア連邦の一時的被占領地におけるそのような行動に対して然るべき評価を下し、ロシア連邦を国際法の規範・原則に遵守させるべく、同侵略国に対する政治的・外交的圧力を継続・強化するよう要請する」と伝えた他、ウクライナは引き続きロシアによる国際法違反を記録し続け、国際法上の責任追求のための方策を取り続けると強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-