クリミア・タタール人なくしてクリミア脱占領を想像することはできない=クレーバ外相

クリミア・タタール人なくしてクリミア脱占領を想像することはできない=クレーバ外相

ウクルインフォルム
クレーバ外相は、クリミアとクリミア・タタール人はウクライナの国家性の基盤であると発言した。

18日、ドミトロー・クレーバ外相が1+1局出演時に発言した。

クレーバ外相は、2014年までのウクライナのクリミア・タタール関連政策は不正義であったと認め、「そのことははっきり言わなければならない」と強調した。

外相は、「ウクライナ国家は、現在、クリミアもクリミア・タタール人もウクライナの国家性の基盤であるということから成り立っている。それは、根源的原則でなければならない。(中略)私たちがクリミア・プラットフォームを準備し、そのフォーマットを作成していた際、私たちは、(クリミア・タタール民族代表機関)メジュリスと話をしてきた。言うまでもなく、私たちは、クリミア・プラットフォーム発足首脳会談において、メジュリスの居場所を見ている。なぜなら、クリミア・タタール人なし、メジュリスなしのクリミアは想像できないからだ」と発言した。

なお、「クリミア・プラットフォーム」とは、ウクライナがクリミア問題に特化した国際協議と対話のフォーマットとして、2021年8月23日の首脳会談による立ち上げを予定しているもの。同フォーマットの最終的な目的は、クリミアの脱占領とウクライナ・コントロール下への返還である。

3月17日、タラン国防相は、訪日時に日本政府を「クリミア・プラットフォーム」へ招待している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-