ロシアはドンバス紛争の一部であり、仲介者ではない=ミシェル欧州理事会議長

ロシアはドンバス紛争の一部であり、仲介者ではない=ミシェル欧州理事会議長

写真
ウクルインフォルム
ロシア連邦はドンバス紛争の一部であり、仲介者ではない。そのため、ロシアがミンスク諸合意を完全に履行するまで、欧州連合(EU)は制裁を維持する。

2日、シャルル・ミシェル欧州理事会議長がゼレンシキー大統領との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ミシェル欧州理事会議長は、2021年に欧州大陸にて戦争が生じているというのは現実のことであり、恥ずかしく思うとし、人々がこの紛争で亡くなっており、極めて困難な状況の中で生活していると発言した。

議長は、「私は、現状がどれほど受け入れられないものかを改めて強調するためにここを訪れたかった。(中略)完全なミンスク諸合意履行が平和への道であり、私は、ウクライナがその点においてとった重要な行動を歓迎している」と強調した。

議長はまた、コンタクト・ライン上で、ウクライナが国際パートナーたちと緊密に協力して、人々の生活を改善している様子を目にしたとし、EUは努力を継続する準備があると発言した。

その上で議長は、「残念ながら、ロシアは、ウクライナがミンスク諸合意履行のために行ったような肯定的行動を実践していない。そのため、ロシアに対する私たちの経済制裁は維持される。ロシアは、この紛争の一部であり、仲介者ではない」と発言した。

議長は加えて、EUはロシアが欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)の非政府管理地域全域への完全なアクセスを保障することを期待していると述べた。その際議長は、COVID-19パンデミックをこれら地域をウクライナからさらに引き離すことの口実に使ってはならないとも発言した。

議長はさらに、ロシアに対して、共同停戦管理調整センター(JCCC)に戻るように要請した。

なお、2日、ミシェル欧州理事会議長は、ゼレンシキー大統領とともにドンバスを訪問している。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-