ゼレンシキー大統領、ウクライナの裁判機構が国民にとっての最大の問題だと指摘

ゼレンシキー大統領、ウクライナの裁判機構が国民にとっての最大の問題だと指摘

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ウクライナの裁判機構を改革しなければならず、国民の裁判所への信頼を高めなければならないと発言した。

18日、ゼレンシキー大統領が会合の際に2021〜2023年戦略司法機関・憲法裁判所発展戦略が紹介された際に発言した。大統領府ウェブサイトが伝えた

ゼレンシキー大統領は、「ウクライナの裁判システムは現在、最大の問題の一つである。何より裁判所での正義に期待を抱けず、裁判システムによる保護を感じられていない、一般のウクライナ国民にとってだ。しかし、別の性格の問題もある。それは、投資誘致やウクライナのイメージの問題だ。ウクライナの国際パートナーたち皆が裁判改革を強調している。私たちは、それを実行しなければならない」と発言した。

会合参加者は、近々司法改革問題委員会の会合を開くことで合意した。

参加者たちは、高等司法評議会法案、高等裁判官選考委員会問題、知的財産裁判所設置についても協議した他、陪審制の導入についても議論が行われた。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-