国会、児童ポルノ犯罪の刑罰を強化 実刑最大12年

国会、児童ポルノ犯罪の刑罰を強化 実刑最大12年

ウクルインフォルム
18日、最高会議(国会)は、児童ポルノの作成・拡散の刑罰を強化する改正法を採択した。

関連する複数法改正法案第3055「欧州評議会性的搾取・性的虐待児童保護条約履行に関する複数法改正法案」が賛成294名で採択された(過半数は226)。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

今回の改正にて、16裁未満の未成年に対する性的行為の罪に対し、最大5年の自由の制限あるいは禁錮刑が科される。

さらに刑法典に「児童への性的目的のための要求」の新項目が追加される。これにより、16歳未満の児童に対して、あらゆる性的行為・わいせつ行為の実行を目的とした情報コミュニケーションシステムあるいは技術を利用したものを含む面会の提案は、最大3年の実刑(自由制限あるいは禁固刑)が科される。

児童ポルノ作成を目的とした未成年との面会の提案は、2年から5年の禁固刑となる。

また、同様の犯罪が繰り返される、あるいは複数人物の事前合意により行われた場合、実刑は最大6年となる。

加えて、今回の改正にて、児童ポルノへの意図的アクセス、所有、獲得、持ち込み、作成、販売、拡散への刑罰が追加される。意図的アクセスは、最大6か月の逮捕、あるいは最大5年の自由制限、あるいは2〜6年の禁固刑となる。児童ポルノの販売・拡散・保管を目的とした持ち込みは、7〜10年の禁固刑となる。

児童ポルノの作成、拡散、販売、あるいは児童ポルノ作成への未成年の強制的参加は、8〜12年の禁錮刑となる。未成年者を参加させた性的性格を有す見世物を実施する罪は、5〜7年の禁固刑となる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-