ウクライナの対コロナ防疫措置、4月30日まで延長

ウクライナの対コロナ防疫措置、4月30日まで延長

ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は、新型コロナウイルス対策として施行されている防疫措置を4月30日まで延長した。

17日、マクシム・ステパノウ保健相が閣議の際に閣議決定につき説明した。

ステパノウ保健相は、「防疫措置の効力を4月30日まで延長することを提案する。私たちの計算では、4月30日までは確実に防疫制限の中で暮らさなければならない」とし、ウクライナ各地域を感染状況に応じて、緑、黄、橙、赤の4段階に分ける適合防疫措置を施行すると発言した。

とりわけ、同氏は、緑のレベルが防疫措置解除が検討されるレベルだと説明しつつ、同時に、当面ウクライナ全土に適用される防疫措置の基本レベルは、黄のレベルになると発言した。

黄レベルの主な制限措置は、以下のとおり。

・大規模文化・スポーツ行事の実施(4平方メートル範囲に1名、あるいはホール入場率50%未満。

・教育施設訪問(1グループ最大20名)

・飲食店の営業は24時まで許可(これまでは23時まで)。

橙レベルに移行するのは、コロナ患者用病床(酸素吸入設備あり)の使用率が65%超、過去7日間の人口10万人あたりのコロナ検査数が300未満、コロナ感染者数が60名以上、検査実施時の感染者確認の割合が20%超、過去7日間の入院患者数増加率が50%超、のうち、いずれか一つの条件を満たした場合となると説明された。

そして、上述の条件のうち2つを満たす状況が3日連続で続いた場合、赤レベルに移行する。

赤レベルに移行した地域では、本年1月に適用された強化防疫措置が再施行されるとのこと。具体的には、大型商業施設、市場、飲食店、映画館、劇場、教育施設(幼稚園、初等教育施設除く)、スポーツジム、プールなどの営業停止となる。同時に、赤レベル下でも、金融機関、薬局、動物病院、食料品店の営業は引き続き認められる。

ステパノウ保健相は、今回の変更点が適用されるのは2月24日から(一部は18日から)だと発表した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-