裁判改革がウクライナの民主主義成功のための鍵=EU上級代表

裁判改革がウクライナの民主主義成功のための鍵=EU上級代表

ウクルインフォルム
ジョゼップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は、効果的で独立した裁判システムがなければ、民主主義は存在できないのであり、ウクライナは、社会の裁判所への信頼を回復しなければならないと発言した。

11日、ボレルEU上級代表がブリュッセルッセルにてウクライナ・EU連合評議会の総括をする記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ボレル氏は、「(ウクライナにとって)一つだけ優先課題を選ばなければならないとすれば、私は裁判改革を選ぶ。それは全ての改革の母だからだ。独立し、効果的な裁判システムがなければ、法の支配、人権、何であれ、訴えることができないからだ。それは国の民主主義の基本である。政権と独立した裁判の分割。それなくして、汚職との闘いの努力は困難となる」と強調した。

ボレル氏は、同日のシュミハリ首相との会談時、憲法裁判所の最近の判決を福梅、まさにその議題を提起したと述べ、「それ(裁判改革)は、EUが協議のテーブルに出す条件というだけではないのだ。それは、ウクライナの人々が必要を感じているものなのだ。仮にEUが存在しなくても、それはウクライナ社会の重要な課題であったであろう。効果的で独立した裁判システムは不可欠である」と指摘した。

その上で同氏は、汚職対策機関の能力と独立性、全ての汚職対策議題の回復が必要だと指摘したほか、プリヴァト銀行事件の完全な捜査の継続も主張した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-