EUとWHO、東方パートナーシップ参加国へのワクチン供与プログラムを開始  総額4000万ユーロ

EUとWHO、東方パートナーシップ参加国へのワクチン供与プログラムを開始 総額4000万ユーロ

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は11日、世界保健機構(WHO)とのパートナーとして、コロナワクチン接種の準備・実施の重要支援を東方パートナーシップ(EaP)参加国に供与する支援総額4000万ユーロ以上となる新しい地域プログラムを開始した。

欧州委員会のウェブサイトにて発表された

発表には、「EUは、WHOとのパートナーシップにおいて、アゼルバイジャン、ベラルーシ、アルメニア、ジョージア、モルドバ、ウクライナのパートナー国6国それぞれの国民の安全かつ効果的なワクチン接種を開始する準備のため、4000万ユーロ以上となる新しい地域プログラムを開始した」と書かれている。

同プログラムは、COVAXによって得られるワクチンや、EU加盟国からパートナー国へのワクチン譲渡メカニズムを用いるなどするワクチンを含め、上述の国々がワクチンを受け取り、保管する際の支援をすることが目的となっているという。ワクチン供給の手順確立、ワクチンの質に関する情報提供、安全な接種、接種を行う医療関係者のトレーニング、ワクチン接種スケジュール作成などのサポートを含むと書かれている。

オリヴェル・ヴァルヘリ欧州近隣政策・拡大交渉担当委員は、「WHOと共同で行う、この新しいプログラムは、EUが東のパートナーたちの健康分野危機の闘いを支える準備があることを証明している。同プログラムは、EUがこれまでにパンデミック対策支援、長期的社会・経済地域回復努力サポートのために供与してきた10億ユーロに加える形で始まった」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-