司法省、初の民営化対象となる収容所を発表

司法省、初の民営化対象となる収容所を発表

写真
ウクルインフォルム
司法省と国家資産基金は、キーウ(キエフ)市近郊の第132イルピン矯正センターの民営化に向けた準備を行っている。

競売開始は2月中旬に告知され、開始価格は2億2020万フリヴニャ(約8億3000万円)となるとのこと。司法省広報室が伝えた

発表には、イルピン矯正センターの競売が2月中旬に告知されるとあり、ビジネスセンターや、物流施設、居住施設など、様々な可能性を生み出す施設であり、多くの投資家が関心を抱いていると書かれている。

第132イルピン矯正センター 写真:イェウヘン・リュビーモウ/ウクルインフォルム

司法省はまた、イルピン矯正センターは、収容施設の中で初めて競売にかけられるものだと説明した。また、同センターは、キーウ市の地下鉄駅「アカデムミステチコ駅」から6キロしか離れていないと説明された。同センターが収容施設として利用されていたのは、2019年8月までだという。

国家資産基金のタラス・イェレイコ副代表は、同施設は素晴らしい投資潜在力を有していると述べ、8.3ヘクタールの敷地に、水、電気などのインフラが整っており、鉄道も近くを走っているため、ロジスティック面の便利を強調した。

司法省のオレーナ・ヴィソツィカ次官は、使われなくなった収容施設の民営化は、国家の赤字を減らすだけでなく、歳入を増やすものであり、それによって新しい欧州タイプの収容施設を建設することが可能となると説明した。

なお、これに先立ち、2020年6月、司法省は、ウクライナの各収容施設の売却計画を発表していた。2020年年末には、デニス・マリューシカ司法相が、2021年中に少なくとも4つの施設を民営化すると伝えていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-