EU、ウクライナの親露TV制裁を分析

EU、ウクライナの親露TV制裁を分析

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、2月2日付国家安全保障国防会議(NSDC)によるウクライナ112局、ニューズワン局、ジク局とその所有者に対する制裁の決定を分析している。

3日、ウクルインフォルムの問い合わせに対し、EUのペテル・スタノ欧州対外行動庁報道官が回答した。

スタノ報道官の回答には、「私たちは、2021年2月2日にウクライナNSDCが3つのテレビ局(112、ニューズワン、ジクTV)の所有者であるタラス・コザーク氏に対して制裁を科すことを決定したことを承知している。私たちは、この決定発動を分析している。ウクライナ政権の発表によれば、この決定は、反テロ法をもとに、コザーク氏が政府の管理が及ばず、分離主義者が支配する地域に位置する地域からの資金獲得の捜査結果に従って行われたという」と書かれている。

報道官はまた、EUはウクライナとの連合協定の項目にのっとって報道の独立と自由に最大限の重要性を与えていると喚起した。

報道官は、「ウクライナのメディア空間はこれまでも今も長らく親露偽情報キャンペーンの対象となっていた。ウクライナの領土一体性・国家安全保障防衛の努力、また情報操作からの防衛努力は、特に国外からのウクライナに対する偽情報キャンペーンの規模に鑑みて、正当であるが、同時に、それは報道の自由を犠牲にして行われてはならないし、基本的権利と自由への完全な敬意と国際的基準に従って行われなければならない」と強調した。

その上で報道官は、いかなる方策であれ、据えられた目的に対して相応のものでなければならないと指摘した。

報道官は、「私たちは、さらなる情報を得るために、本件についての注意深いモニターを行い、ウクライナ政権と連絡を取っていく。EUは、ウクライナ政権と協力を続け、この分野の経験を共有していく」とコメントした。

これに先立ち、2日、ゼレンシキー大統領は、NSDCの2月2日付決定を発効させる形で、ロシア連邦のプーチン大統領の宗教上の親族であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議議員に近いタラス・コザーク同議員と、コザーク議員所有のテレビ局である112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局に制裁を科していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-